寝る場所があればなんでもいいならカプセルホテルが安い

旅行は常にお金がある状態でできるとは限りません。移動費を捻出するのがやっとで、ほかはぎりぎりという場合も少なくないでしょう。このような貧乏旅行の場合、大きく費用を削れるのは宿泊費です。では、宿泊費をできるだけ安くするためにはどうすればいいのでしょうか。 まず、ある程度きちんとした部屋に泊まりたいというのであれば、ビジネスホテルで素泊まりするのがいいでしょう。インターネットから予約すると、通常料金の半額程度で泊まれることも珍しくありません。 寝られればどこでもいいというのであれば、カプセルホテルに泊まるという方法があります。安いビジネスホテルのシングルルームはワンルーム程度の広さはありますが、カプセルホテルの場合、大人が横になれるぐらいの広さしかありません。

相部屋になっても構わないならゲストハウスがおすすめ

しかし、宿泊施設に戻っても寝るぐらいしかやることがないというのであれば、それでも問題ないでしょう。小さいながらテレビがついているのが一般的なので、カプセルの中にいても退屈をしのぐことはできます。肝心の宿泊費ですが、基本的にはビジネスホテルの素泊まりプランよりは安いことがほとんどです。当然、部屋にお風呂はありませんが、大浴場があるカプセルホテルも珍しくありません。 他人と相部屋になっても問題ないというのであれば、バックパッカーが使うゲストハウスに泊まるという方法があります。料金はカプセルホテルとほとんど変わりませんが、泊まれるスペースは当然、カプセルホテルよりは広いです。ほかの旅行者と会話を楽しめて、仲良くなれるというメリットもあります。