ドイツで美味しいソーセージにありつくには

ドイツを旅する中での楽しみの一つが食事です。ソーセージとビールが有名で、観光地や街中のいたるところで食べることができます。大きな鉄道駅には必ずといっていいほどソーセージの香りが漂っており、旅行者の足を止めます。パンに挟んで提供されるソーセージは手軽に食べることができるため小腹が空いたときにおすすめです。また帰国の際に利用する空港では出発ロビーにもソーセージを提供するフードカウンターがあります。ドイツではビール蒸留所が営業しているレストランがあり、そこではソーセージと相性の良いビールを注文することができます。最適な組み合わせでソーセージを味わうことができるため、短期間のスケジュールで最高の食事を楽しみたい人に魅力的なレストランです。

数多くあるソーセージの種類

一言にソーセージといっても、日本で食べる一般的なソーセージとは異なり様々な種類や食べ方があります。まず、焼いたソーセージの上にカレー粉とふんだんにかけられたケチャップソースが食欲をそそるカリ―ヴルストという料理があります。これはベルリン名物であるものの様々な街や駅でも食べることができる定番メニューです。次にテューリンガーというドイツ東部でよく食べられるソーセージがあります。豚肉にハーブとニンニクを混ぜたもので、香ばしい香りが口に広がります。最後にミュンヘン名物の白ソーセージ、ヴァイスヴルストは、基本的に午前中しか食べることのできない希少なソーセージです。新鮮であることが条件となっており、夕方に訪れても食べることができないことがあります。しかしミュンヘンの空港では常時提供しており、旅の最後に味わうことができます。