そもそも飛行機に持ち込みできないものって?

旅行をするにあたって、飛行機を移動手段として利用される方は多いと思いますが、機内に持ち込めないものが多数あることをしっかり把握しなければいけません。 一般的に飛行機に持ち込めないものの基準は危険物となっています。はさみやカッターといった凶器になりやすいものや、ガス系、可燃性の物質、薬品系の液体など万が一、機内で事件が起こることを防ぐために規制されています。危険には見えない化粧品やワックスなどのクリーム系の製品も液体類に該当し、原則機内に持ち込むことができないので注意が必要です。ペットボトルの持ち込みも不可能となっていますが、赤ちゃん用のミルクなどであった場合に限り持ち込み可能となる場合もありますので、空港内の担当者と要相談しましょう。

液体類も一部条件により持ち込み可能

機内に液体類はすべて持ち込みが不可能と思われがちですが、原則100ミリリットル以下の液体であれば持ち込み可能となっています。しかしその際のルールとして、縦と横のサイズ40センチ以下の透明の袋に必ず入れて持ち込むことが必須条件となっています。これにより化粧水やファンデーション、ハンドクリームなどが持ち込み可能になりますが、透明のポーチの持参も忘れないようにしましょう。また液体以外の持ち物であればハンドバッグやボストンバック単位で持ち込むことが可能となっていますが、航空会社によってJALやANAは10キログラムまでと規定が決まっていますので事前に各空港の窓口やホームページなどで確認するようにしましょう。